奥飛騨 うちのペンションBlog

奥飛騨温泉郷情報や、宿からのお知らせ&旬な情報を書いています。 その他、ラーメン記事や日記的な事を、大げさに紹介。

2014年12月

ジパング倶楽部1月号



【ジパング倶楽部】  1月号に

【中尾夫婦獅子】が特集で載ってます。

jipang1



表紙をめくって直ぐに、

中尾のイケメン4人が登場してます( ̄ー ̄)ニヤリ

要チェック


因みに、うちP息子も載ってます






うちのペンション年末恒例行事その2【餅つき】


我が家では何十年も前から伝わる、

年末恒例行事【餅つき】


前日から杵を水に漬けてふやかしとって、

当日は臼を洗って湯をはる


早朝より準備万端になったトコで

いざ餅つき!


我が家では、つき手は昔から男衆


息子も今年が最後の餅つきやで、

気合い充分( ̄ー ̄)V



うちのペンションの家族みんなの思いと、
たっぷりの愛情がこもった餅は、

元旦の雑煮として登場します。


当日お泊まりの皆様、

今回も美味しい餅をお楽しみに♪





うちのペンションの年末恒例行事その①【花餅作り】



毎年この時期行う、花餅作りの日がやって来た。

こいつをやると『はや正月が来るんか~』なんて思ってまう。


今年で息子が参加するのは最後やで、しっかり花餅作りを手伝わせた。
b-hanamochi


雪国の飛騨地方に昔から伝わる花餅

手間やけど一個一個枝にひっつけていく。
b-hanamochi1


白色が付け終わると、赤色
b-hanamochi2



子供の頃の粘土細工みたいで、なかなか楽しいんやで
(●`w´●)ニァ・・


息子も、飛騨生活最後の花餅作りで、力作が完成した。
b-hanamochi3



今年も綺麗な花餅が、ぎょ~さん仕上がった。

b-hanamochi5


後は正月飾りとして、玄関やら露天風呂やらに飾り付ける。



で、花餅作りの日は決まって、ちょっと早目の雑煮
b-hanamochi6

我が家に伝わるこの雑煮も、シンプルやけどうんまい



年末恒例行事その①は無事に終了

つづく・・・・


富山 ラーメン一心

ブログネタ
ラーメン食べ歩記♪ に参加中!


ちょっと早めやけど、

年越しそば的な年越しラーメンを食って来た。


お店は、富山の一心

a-issin


前々からすげ~気になっとった店で、
食べログやらラーメン通のblogでは評判のラーメン屋さん。

化学調味料を一切使わん店で、
老若男女問わず人気のラーメン。


場所は富山駅の側で、駐車場は無いもんで、
車で店を探すとちょっと分かり難い

駅近くのアンダーパスに隣接しとるで、
駅近辺の駐車場に車停めて行くのがベスト

入口には食べログで評判の張り紙があり、
食う前からラーメンに期待が膨らんだ。


テーブルが数席、

後はカウンターのみのこじんまりした店。

店内の一角には、製麺所もあって、一層食欲をそそる。

カウンターに座ってメニューを。
a-issin1

煮干し系も食いたいとこやけど、

食べログやらラーメンblogで評判のブラック系の、

特製ラーメンに決定


夕飯タイムをちょっと回っとる事もあって待ち時間も無く、

わずか数分で着丼。


a-issin2


ど~です、このビジュアル。

富山らしい、ブラック系汁。


煮卵、分厚いメンマ

柔らかいチャーシュー

粗切りのネギに

デカいカットの海苔

そして、このブラック系の汁に合わせとる麺は、

a-issin4

自家製のウェーブがかった、コシはしっかり中太麺。


で、忘れちゃいけない『飛騨の爆弾2014newモデル』。

a-issin3


このウェーブ麺が汁を良い感じに絡ませとる。


そして、飛騨の爆弾も一心の味を邪魔してないけど、
バッチリラーメンに合うで良いアクセントになっとる(●`w´●)ニァ・・

最近人気の濃い目のラーメンに必要な化学調味料が無くても、

ここまでしっかりブラック系が感じれて、

物足りん事も全く無い。


(*´゚艸゚`*)まぃぅ~♪


すげ~好みの味


こりゃ駐車場が無くても人気なのがよく分かる。


最後の一滴まで飲み干して、

完食。


汁を飲み干した人には分かる、

a-issin5

「ありがとう 一心」と書かれた丼の底も見れた(^^)


年越しそばにはちょっと早かったけど、

今年の〆にするには大満足の年越しラーメンやった。


一心さん、

ごちそうさまm(_ _)m

★★★


歳を重ねる事にラーメンの好みも変わってくで、なんか面白い。

ラーメンって、本当に奥が深いな。





大きな地図で見る

木ロウソク

第19回中尾かまくら祭りに向けて、

恒例の木ロウソク作りをした。


こやって十字に切れ目を入れて、

後はかまくら祭りまで乾燥させるだけ。




頑張って作業して、

約40本の木ロウソクが完成。


完全に乾いてまうと、こんな感じ


なかなか不思議な燃え方する木ロウソク。

興味ある方は、

かまくら祭り会場で見て下さい。





月別アーカイブ
QRコード
QRコード
プロフィール

オッちゃん

記事検索
  • ライブドアブログ