奥飛騨 うちのペンションBlog

奥飛騨温泉郷情報や、宿からのお知らせ&旬な情報を書いています。 その他、ラーメン記事や日記的な事を、大げさに紹介。

ジビエ

自家製ベーコン

2月に仕込んどったジビエバラ肉(猪肉)
IMG_7898

塩出しして脱水して約2週間。

IMG_8066

見事に水分が無くなったで、いよいよスモーク。

温燻の約80〜90℃をキープで2時間
IMG_8069
IMG_8068
じっくりと燻製に。


仕上げに熱燻約100℃で乾燥を約40分。

IMG_8071

超美味そうな自家製ベーコンの出来上がり!


粗熱をとりラップに包んだら、一晩冷蔵庫で寝かせる。

一晩寝かせたら
IMG_8077

完成(^O^)/

サッと火を通して味見
IMG_8078

 (*´゚艸゚`*)まぃぅ~♪


塩加減もちょうどいい!

こりゃ酒の肴にピッタリや( ̄∇ ̄)V


数が少ないでWelcomehouseで時々しか登場しんけど、ジビエファンの皆さんお楽しみに♪









ジビエカレー

今夜の「まかない」は

IMG_8005

地元の猟師さんに頂いた猪肉を使ったジビエカレー♪


朝から仕込んで、
IMG_8033

ランチにカレーうどんで味見した( ̄∇ ̄)V

勿論、飛騨の爆弾をトッピングして(^O^)/


奥飛騨のジビエは、最高に美味いね〜♪

晩酌の肴に、ジビエカレーのルーだけでも十分満足できる。



手作りジャーキー

先日、地元の猟師さんと一緒に解体した奥飛騨の猪。
IMG_7893

肩ロースの脂身の少ない部位をスライスします。

※冷凍保存してからちょい解凍すると、非常にスライスしやすいです。


IMG_7895

スライスした肩ロース肉を、自家製ソミュール液に漬け込み開始!

IMG_7896


ジップロックする時に「美味しく仕上がりますよ〜に」って言葉を一緒に入れるのを忘れずに。

1日冷蔵庫で寝かせて、その後ジップロックから出して流水で塩抜き30分。

塩抜き終了したら、キッチンペーパーで水気を切る。

IMG_7913


水気が大体切れたら、脱水開始!

ピチット脱水シートに包んで一晩冷蔵庫に
IMG_7914


次の日冷蔵庫からピチット脱水シートに包んだ肉を出すと、見事に脱水成功。

脱水出来た肉を、オーブンの中に。

弱火で約30分 熱乾燥させる。

熱乾燥が終わったらコレ!
IMG_7925

サクラのチップでスモーク開始。

中火で約2時間。

温度は80℃キープでスモーク。

2時間後に火を止めて、スモークした肉を冷ます。

約1時間後には
IMG_7935

ジャジャーン!

ちょっと焦げたトコもあるけど、自家製ジャジャー完成です。

味は、普通に美味いですよ(^^)v



しばらく晩酌のお供に決定。




因みに、バラ肉もソミュール液に漬け込んでます。

そっちはまた今度。

IMG_7898












今夜のジビエ

今夜のジビエはコレ

飛騨のイノシシ(^^)

最後の汁物で登場です♪

サブい奥飛騨は、これが1番温まる♪


そしてマカナイは

脂が多い部位を赤味噌で煮込み(^^)v

コレがまた美味い(^^)/

味見だけで晩酌一杯が、直ぐに無くなった(^_^;)


今夜も大自然の恵みに感謝です♪








今年も後2日で終わりやけど、早いですね〜1年経つの(u_u)








ジビエ仕込中

先日の日記で書いたジビエの燻製。

仕上がった状態を先に書いたもんで、順番が逆になってまったけど、ジビエ仕入れました。


そして、ジビエ料理を仕込んでます♪

色んな部位があるで、

今回は煮込み用に、ジビエの赤身肉をカット。

これから本格的に、ジビエが美味しい季節です。


煮込みや、燻製、汁物等、その時に1番美味しく食べれる用に料理します。


でも、自然界からの恵みの食材なので、毎回入荷出来るわけではありません。

お泊り頂いた時に、ジビエ料理が登場したら、超ラッキーですよ♪







月別アーカイブ
QRコード
QRコード
プロフィール

オッちゃん

記事検索
  • ライブドアブログ